住宅ローンの見直し

金利が安い所を選択する場合には、定期的に住宅ローンの見直しを行うことが必要だ。金利が思っていたより上昇してしまった時には、他の銀行へ借り換えも検討しなければなりませんから、その場合の手数料なども比較しなければなりない。借り換えにより場合によっては、長期固定金利の住宅ローンよりも走支払い額がたくさんなってしまう事もあるから良く考えてみよう。金利はいつどのような時に上昇するかは予想が不可能ですから、長い期間の金利保障を求めている場合は、10年固定金利や35年間金利が変わらないフラット35を選択するとよいと思う。

金融 関連情報

生命保険、損害保険会社からは機動的な事業買収や社内再編を行うため、部分譲渡規制の緩和の要望があがっていた。契約者保護の観点に加え、規制緩和は敵対的買収を活発化させかねないとして、金融審内部や一部保険会社には見直しに慎重な声もあるが、金融庁は年度内にも一定の結論を出したい考えだ。 三井住友銀行は収益の一部で植林を行う個人向け国債を売り出す。9月4〜30日に販売し、購入者1人につき北海道大学の研究林(北海道雨竜郡)で1平方メートルに植林する。地球温暖化問題防止をアピールし、環境問題に関心の高い若年層を中心に販売を拡大する狙いだ。 日本銀行の白川方明総裁は25日、大阪市内のホテルで開かれた地元経済4団体との懇談会で、金融機関の中小企業への融資について、「金融を巡る状況が変化しており、中小企業への貸し出しは減少している」との認識を示した。 日本郵政グループのゆうちょ銀行は2009年1月5日に、全国の民間金融機関が振り込み処理などに使っているコンピューターシステム(全銀システム)へ接続する。接続後は全国の金融機関と相互に振り込みができるようになるが、ゆうちょ銀の口座に振り込む場合は従来の番号とは別に、新たに割り当てられる振り込み専用番号が必要となる。(石井重聡)