住宅ローンの見直し

金利が安い所を選択する場合には、定期的に住宅ローンの見直しを行うことが必要だ。金利が思っていたより上昇してしまった時には、他の銀行へ借り換えも検討しなければなりませんから、その場合の手数料なども比較しなければなりない。借り換えにより場合によっては、長期固定金利の住宅ローンよりも走支払い額がたくさんなってしまう事もあるから良く考えてみよう。金利はいつどのような時に上昇するかは予想が不可能ですから、長い期間の金利保障を求めている場合は、10年固定金利や35年間金利が変わらないフラット35を選択するとよいと思う。

金融 関連情報

日銀は19日の金融政策決定会合で、景気認識については7月の「さらに減速」から「停滞している」と下方修正した。これに関連して白川総裁は「日本経済が深い調整局面に陥る可能性は小さい」との認識を改めて示した。理由として、サブプライムローン問題で日本の金融機関の損失が限定的で金融市場が安定していることなどを挙げた。 ただ、ゆうちょ銀口座の番号は5けたと8けたの数字の組み合わせのため、3けたと7けたの数字を組み合わせた口座番号で送金処理する全銀システムでは使えない。この違いを解決するため、ゆうちょ銀は振り込みに使う口座に、従来の番号とは別の振り込み専用番号を新たに割り当てる。通常貯金、通常貯蓄貯金の専用番号は、元の番号を一定のルール=図=に基づいて読み替えれば良い。 20日の上海、深センの両株式市場は、中国政府による景気刺激策への期待などから全面高となり、株価指数の上昇幅が7%を超す大幅高となった。上海市場全体の値動きを示す上海総合指数の終値は、前日終値比7・63%高の2523・28、深セン市場の成分指数も同7・13%高だった。 保険業法で事実上禁じられている保険事業の分割譲渡について、金融庁は今秋、金融審議会(首相の諮問機関)で規制緩和の検討を始めることが25日分かった。保険会社の経営の柔軟性を高める狙いだが、業界再編の引き金になる可能性も高い。