住宅ローンの見直し

金利が安い所を選択する場合には、定期的に住宅ローンの見直しを行うことが必要だ。金利が思っていたより上昇してしまった時には、他の銀行へ借り換えも検討しなければなりませんから、その場合の手数料なども比較しなければなりない。借り換えにより場合によっては、長期固定金利の住宅ローンよりも走支払い額がたくさんなってしまう事もあるから良く考えてみよう。金利はいつどのような時に上昇するかは予想が不可能ですから、長い期間の金利保障を求めている場合は、10年固定金利や35年間金利が変わらないフラット35を選択するとよいと思う。

金融 関連情報

日銀は19日の金融政策決定会合で、景気認識については7月の「さらに減速」から「停滞している」と下方修正した。これに関連して白川総裁は「日本経済が深い調整局面に陥る可能性は小さい」との認識を改めて示した。理由として、サブプライムローン問題で日本の金融機関の損失が限定的で金融市場が安定していることなどを挙げた。 地元経済界から、中小・零細企業に対して金融機関の貸し出し姿勢が厳しくなっているとの指摘があった。これに対し、白川総裁は「(景気が停滞している中で)金融機関が信用リスクの評価について新しい目線で見ることは当然で、全体としてどうなるかを注意したい」と述べた。 保険業法は、保険会社が自社に不利な契約を経営基盤の弱い同業者に売却したり、子会社に押しつけるなど、契約者に不利な事業譲渡ができないよう、保有契約の部分譲渡を制限している。 三井住友銀行は収益の一部で植林を行う個人向け国債を売り出す。9月4〜30日に販売し、購入者1人につき北海道大学の研究林(北海道雨竜郡)で1平方メートルに植林する。地球温暖化問題防止をアピールし、環境問題に関心の高い若年層を中心に販売を拡大する狙いだ。