住宅ローンの見直し

金利が安い所を選択する場合には、定期的に住宅ローンの見直しを行うことが必要だ。金利が思っていたより上昇してしまった時には、他の銀行へ借り換えも検討しなければなりませんから、その場合の手数料なども比較しなければなりない。借り換えにより場合によっては、長期固定金利の住宅ローンよりも走支払い額がたくさんなってしまう事もあるから良く考えてみよう。金利はいつどのような時に上昇するかは予想が不可能ですから、長い期間の金利保障を求めている場合は、10年固定金利や35年間金利が変わらないフラット35を選択するとよいと思う。

金融 関連情報

針葉樹のアカエゾマツの苗木を同行が購入し、環境保全団体を通じて2010年秋に植栽。樹木は北海道大学に帰属する。国債を100万円以上購入した顧客には、植林番号が記載された証明書が発行され、現地で“自分の木”を確認することも可能だ。 そのうえで、「景気の下振れリスクと物価の上振れリスクの双方に注意が必要だ」と述べた。 ゆうちょ銀の貯金は、多くの金融機関の現金自動預け払い機(ATM)で預け入れや引き出しができる。しかし、口座番号の入力が必要となる振り込みは、新生銀行やスルガ銀行など提携先の28金融機関との間でしかできなかった。全銀システムへ接続すると、銀行、信用金庫など約1440の民間金融機関との相互振り込みが可能になる。 みずほコーポレート銀行は21日、米中堅投資銀行エバコア・パートナーズに出資することで合意したと発表した。みずほコーポレート銀行はエバコアが発行する1億2000万ドル(約130億円)の新株予約権付社債を取得し、役員を派遣する。社債を株式に転換した場合の議決権は14・7%となる。