東横インの予約法

ビジネスホテル(宿泊施設)としてどういう部屋設備があるかなどをご紹介しようと考えますが、まずは東横インの予約法から。

<東横インの予約法>

・[根本的には、ウェブサイト上インターネットでの予約]

東横インの安さのひとつは、無駄な設備やサービスを極力省いていることにもあると考えますが、予約受付をインターネットだるなどして、なるべく接客にかかる予算も抑えられているようだね。
いたって合理的な仕組みのホテル(宿泊施設)だと思う
また、東横インの予約は、モバイルからも可能になっているね。
ウェブサイトから、モバイル向けアドレスも記載されている

部屋の様子はというと、豪華なリゾートホテル(宿泊施設)ではないので、広々とスペースを使っていたり、華美な装飾はないのだが、清潔で快適にすごせる造りになっているね。
更にバリアフリーの、車椅子を使う方用の部屋も用意されているので、低値段で車椅子利用者が宿泊するときも、ありがたいものだね。
部屋にビジネス目的で泊まるのには、不足がまったくない感がありますね。

生活と文化 関連情報

9月6日に開幕する北京パラリンピックに出場する日本選手団の第1陣106人(うち選手52人)が30日、北京入りした。 1日には選手村の入村式が行われる。 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>は18日、ユニオンバンカル・コーポレーション(UNBC)の完全子会社化をめぐり提示していた株式公開買い付けの価格(TOB価格)を1株63ドルから73.50ドルに引き上げることで、UNBCと合意したと発表した。 当初提示されたTOB価格について、低すぎるとの見解を表明していたユニオンバンカル(UNBC)の社外取締役で構成する特別委員会は、新しい価格の受け入れをユニオンバンカルの取締役会に提案した。同取締役会はこの提案を受け、完全子会社化に向けた契約書を承認すると同時に、少数株主に対してTOBに応募するよう求めることを決議した。これにより、TOB価格をめぐる三菱UFJと特別委との交渉は一転決着した。 米国では少数株主を保護する考え方が強く、支配株主が少数株主を排除するTOBを実施する際は、特別委員会が少数株主の利益を代表して支配株主と価格交渉をすることが一般的だ。今回は発行済み株式の65%を保有する三菱UFJに対し、UNBCの特別委員会が反論した格好となった。