顔のたるみとリンパマッサージ

リンパマッサージは顔の中心部分から耳の付け根に向かって優しく行いる。力を入れて押し出すよりも、優しく手で撫でるように行う方が効果が得られるようだ。耳の周辺に押し流したリンパ液は、首筋を通って心臓に戻すようにする。リフトアップマッサージは、筋肉のコリをほぐし柔らかくするはたらきがある。普段使われていない筋肉は固くなることがあり、表情筋がうまく働かない事がある。肩が凝るとマッサージをするのと同じで、顔の筋肉もよくほぐしてやりよう。顔のたるみには、表情筋を鍛える事が有効ですが、運動する時と同様ストレッチを行っておく事が大切となる。

健康と医療 関連情報

 森山教授は「グルタミン酸だけでは説明が難しい情報伝達の仕組みが、アスパラギン酸の働きを調べることでわかるかも知れない。認知症などの薬の開発につながる可能性もある」と話している  この日は午前11時からのオープニングセレモニーで幕を開けた。自らがんと闘いながら準備を進めてきた金子明美・実行委員長(40)は「参加する患者さんに喜んでもらえるイベントにしたい。成功させるために終わるまで気が抜けません」と話した。リレー中はキャンドルに火をともし、がんで亡くなった人をしのぶ「ルミナリエ」などが開催される予定だ。  推計では、団塊の世代がすべて65歳以上となる2015年時点ですでに、05年の1.5倍の約302万人に上る。研究班の粟田主一・仙台市立病院神経精神科部長によると、主な増加要因は高齢化という。  これまでVEATは別の働きで知られており、その異常で、幼児期から精神発達や運動障害が起こる「サラ病」になることがわかっていた。今回の発見で、サラ病は神経細胞の情報伝達の異常で起こる可能性が示された。