顔のたるみとリンパマッサージ

リンパマッサージは顔の中心部分から耳の付け根に向かって優しく行いる。力を入れて押し出すよりも、優しく手で撫でるように行う方が効果が得られるようだ。耳の周辺に押し流したリンパ液は、首筋を通って心臓に戻すようにする。リフトアップマッサージは、筋肉のコリをほぐし柔らかくするはたらきがある。普段使われていない筋肉は固くなることがあり、表情筋がうまく働かない事がある。肩が凝るとマッサージをするのと同じで、顔の筋肉もよくほぐしてやりよう。顔のたるみには、表情筋を鍛える事が有効ですが、運動する時と同様ストレッチを行っておく事が大切となる。

健康と医療 関連情報

 リレー・フォー・ライフは1985年にアメリカ対がん協会の医師が、がん患者の支援やがんの征圧、予防を訴えて始めた。日本では06年に茨城県つくば市で初めて開催され、07年は東京など2カ所で開かれた。3年目の今年は室蘭の後、9月13〜14日に兵庫県芦屋市、同14〜15日に横浜市、10月11〜12日に高知県南国市、徳島県小松島市、大分県由布市で開かれる。  神谷教授らは、細胞内のカルシウム濃度を調節する「リアノジン受容体」と呼ばれるたんぱく質に注目。このたんぱく質は、脳の中で記憶を作るのに重要な働きをする部分に多いことを見つけた。  これまでVEATは別の働きで知られており、その異常で、幼児期から精神発達や運動障害が起こる「サラ病」になることがわかっていた。今回の発見で、サラ病は神経細胞の情報伝達の異常で起こる可能性が示された。  VEATは、神経細胞のつなぎ目にある神経伝達物質を蓄える袋に、アスパラギン酸を運びこむ。蓄積されたアスパラギン酸は、この袋から分泌されて神経伝達物質になるとグループはみている。