顔のたるみとリンパマッサージ

リンパマッサージは顔の中心部分から耳の付け根に向かって優しく行いる。力を入れて押し出すよりも、優しく手で撫でるように行う方が効果が得られるようだ。耳の周辺に押し流したリンパ液は、首筋を通って心臓に戻すようにする。リフトアップマッサージは、筋肉のコリをほぐし柔らかくするはたらきがある。普段使われていない筋肉は固くなることがあり、表情筋がうまく働かない事がある。肩が凝るとマッサージをするのと同じで、顔の筋肉もよくほぐしてやりよう。顔のたるみには、表情筋を鍛える事が有効ですが、運動する時と同様ストレッチを行っておく事が大切となる。

健康と医療 関連情報

 この日は午前11時からのオープニングセレモニーで幕を開けた。自らがんと闘いながら準備を進めてきた金子明美・実行委員長(40)は「参加する患者さんに喜んでもらえるイベントにしたい。成功させるために終わるまで気が抜けません」と話した。リレー中はキャンドルに火をともし、がんで亡くなった人をしのぶ「ルミナリエ」などが開催される予定だ。  神谷教授らは、細胞内のカルシウム濃度を調節する「リアノジン受容体」と呼ばれるたんぱく質に注目。このたんぱく質は、脳の中で記憶を作るのに重要な働きをする部分に多いことを見つけた。  ただ、算定に使った80年代調査は当時の知見から、認知症とされた人はアルツハイマー型や脳卒中後の重症患者に限られていた。その後、診断技術が向上したほか、認知症の原因となる別の病気がみつかり診断基準が明確になっている。これらを考慮すると、今回の推計より患者数は増える可能性がある。 記憶力増強には、コーヒーやお茶が効くかも――。カフェインによって記憶をつくる効率が変わる仕組みがあることを北海道大学の神谷温之(かみや・はるゆき)教授(神経生物学)らがマウスの脳を使った実験で見つけた。米科学アカデミー紀要電子版に発表した。