顔のたるみとリンパマッサージ

リンパマッサージは顔の中心部分から耳の付け根に向かって優しく行いる。力を入れて押し出すよりも、優しく手で撫でるように行う方が効果が得られるようだ。耳の周辺に押し流したリンパ液は、首筋を通って心臓に戻すようにする。リフトアップマッサージは、筋肉のコリをほぐし柔らかくするはたらきがある。普段使われていない筋肉は固くなることがあり、表情筋がうまく働かない事がある。肩が凝るとマッサージをするのと同じで、顔の筋肉もよくほぐしてやりよう。顔のたるみには、表情筋を鍛える事が有効ですが、運動する時と同様ストレッチを行っておく事が大切となる。

健康と医療 関連情報

 VEATは、神経細胞のつなぎ目にある神経伝達物質を蓄える袋に、アスパラギン酸を運びこむ。蓄積されたアスパラギン酸は、この袋から分泌されて神経伝達物質になるとグループはみている。  在宅や病院、特別養護老人ホームなどを対象に80年代、認知症をもつ高齢者の割合を調べた実態調査を使い、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口から算定した。 がん患者や家族、支援者らが夜通し歩き、がん征圧や患者支援を訴える「リレー・フォー・ライフ」(日本対がん協会など主催)が30日、全国6カ所のトップを切り、北海道室蘭市の祝津臨海公園で始まった。約500人が参加。31日正午まで、チームを組んでリレーしながら24時間歩き続ける。  また、現在は認知症に進む前段階の「軽度認知機能障害」も診断・治療できるため、対応が必要な高齢者はさらに増えそうだ。