顔のたるみとリンパマッサージ

リンパマッサージは顔の中心部分から耳の付け根に向かって優しく行いる。力を入れて押し出すよりも、優しく手で撫でるように行う方が効果が得られるようだ。耳の周辺に押し流したリンパ液は、首筋を通って心臓に戻すようにする。リフトアップマッサージは、筋肉のコリをほぐし柔らかくするはたらきがある。普段使われていない筋肉は固くなることがあり、表情筋がうまく働かない事がある。肩が凝るとマッサージをするのと同じで、顔の筋肉もよくほぐしてやりよう。顔のたるみには、表情筋を鍛える事が有効ですが、運動する時と同様ストレッチを行っておく事が大切となる。

健康と医療 関連情報

 また、現在は認知症に進む前段階の「軽度認知機能障害」も診断・治療できるため、対応が必要な高齢者はさらに増えそうだ。 アスパラガスに含まれるアミノ酸の一種「アスパラギン酸」が、神経細胞で情報伝達にかかわる仕組みを、岡山大大学院医歯薬学総合研究科の森山芳則教授(生化学)らが突き止め、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。この仕組みの異常で、発達障害などが起こる難病になる可能性も示され、記憶・学習の仕組み解明につながりそうだ。 全国の認知症高齢者の人数は05年の約205万人から、2035年には2.2倍にあたる約445万人になる、と厚生労働省研究班が推計を出した。増加は、埼玉県の3.1倍を筆頭に首都圏で大きく、愛知県や大阪府などでも2.5倍を超える見通しだ。  記憶は、神経細胞が変化して、信号が伝わりやすくなることでできると考えられており、細胞の変化にはカルシウム濃度がかかわる。神谷教授らは、カフェインでこのたんぱく質を刺激すると、細胞内のカルシウム濃度が通常より上がり、信号が伝わりやすくなることを確かめた。